スーパーなどで見かける古紙リサイクルポイントシステムの仕組み

古紙リサイクルポイントシステムの仕組み

リサイクルが必要なわけ

地域に貢献する、えこ便

えこ便の仕組みをご紹介します。
まず、利用者は最初に無料のポイントカードを作ることからスタートします。
えこ便では、古紙、小型家電、金属、パソコン、携帯電話、古着などを回収し、再資源化するサービスを提供しています。
えこ便を運営しているのは、岡山県にある平林金属株式会社(通称ヒラキン)です。
地域のスーパーや家電量販店など、普段の生活で立ち寄りそうなお店に協力してもらい、資源の回収ボックスを設置しています。
会員はリサイクルしたい資源を分別に従い回収ボックスに入れ、「ポイントゲット」ボタンを押すと機械が自動的に計量をし、資源の種類と重量に応じてポイントを算出してくれます。
天ぷら油で走る専用のエコカーが毎日回収ボックスを巡回し、資源を回収するので、普段の生活の中で無理なくリサイクルをする事ができます。

利用者の声

資源を回収ボックスに入れた人は、カードにポイントを貯める事ができ、ある一定のポイントが貯まるとポイント数に応じて商品券や図書カード、お菓子やグッツと交換する事ができます。
利用している会員の声を聞いてみると、普段の生活の中で気軽にリサイクルができるので便利、毎日出せる、重量に比例してポイントが付くのでお得、国の認定を受けた業者がやっているので、安心して処理を任せられる。などという声が寄せられています。
ヒラキンによれば、国に許可をもらっていない違法業者の多くは不用品を有料で回収し、きちんと処理せずに山の中や空き地に違法投機してしまうのだそうです。

一般の利用者は、自分が出した不用品がどのように処分されるのか、きちんと調べてから業者にお願いしましょう。
環境のために良かれと思ってやった事が、かえって環境に悪影響を及ぼすようなことになってはいけませんね。

▲ ページトップへ戻る